コンプレックスを改善しよう!知っておきたい3つのわきが治療法

根本的な改善には治療が必要

わきがは、体臭のなかっでも独特なにおいが出るため、悩んでいる人も多い症状です。汗をかくとにおいが出るな、と感じている人も多いでしょう。そのため、制汗剤で汗を抑えたり、拭き取ってにおいを抑えるのが自分でできるケア方法ですよね。わきがはアポクリン腺から出る汗に、雑菌が混ざる事によってにおいが出ています。そのため、汗を抑えるというケア方法は合っていると言えるでしょう。しかし、根本的な改善のためには、治療が必要になります。

汗腺を除去する治療法2つ

わきがは治療する事によって改善する事ができます。どのような治療方法があるのか、気になる人も多いですよね。これまで行われていた治療法は、脇の下を切開してアポクリン汗腺を除去する方法です。しかし、最近では切開せずに電磁波を脇の下にあてて、肌の上からアポクリン汗腺を破壊できる方法が注目されているんですよ。肌に傷をつけたくない人にはおすすめの方法でしょう。しかし、保険外の治療なので、治療費は高くなってしまいます。

症状が軽い時の治療法とは

わきがといっても、人によって症状の重さは異なっています。比較的症状が軽いのに、切開したり保険適応外の治療は大げさすぎる、と考える人も中にはいるでしょう。そのような場合には、ボトックスを注射する事によって、汗を抑えてにおいの発生を防ぐ事ができるんですよ。注射するだけであれば利用しやすいですよね。わきがは、このように治療すれば改善する事ができます。コンプレックスに感じているのであれば、専門医に相談してみましょう。

わきがとはアポクリン汗腺から分泌された物質が皮膚の表面にいる細菌などによって分解されることで発生する悪臭で、鉛筆の芯の臭いに似ています。