ムダ毛処理の落とし穴!上手に処理するには?

ムダ毛の自己処理にはデメリットが!

ムダ毛は永久脱毛してしまう人も少なくありませんが、なかなか経済的にも時間的にも行きづらいもの。こまめに自己処理するしかありません。特に薄着になる夏場は絶対に怠るわけにはいきませんよね。あなたは普段どんな方法でムダ毛処理をしていますか。ムダ毛処理は女性には欠かせない習慣ですが、お肌を傷つけてしまう落とし穴があります。どんなムダ毛処理がなぜお肌を傷めるのか、そしてダメージの少ない処理法についても触れていきます。

ムダ毛処理でのダメージ

ムダ毛の自己処理にはカミソリで剃る方法や脱毛クリームで毛を溶かす方法、加えて脱毛テープで抜いてしまう方法がありますね。まずカミソリはボディソープを泡立ててから当てるのが一般的ですが、ボディソープに含まれる界面活性剤が剃った時にお肌を傷める恐れがあります。もちろんカミソリ自体のダメージも否めません。脱毛クリームや脱毛テープはお肌の表面の組織を傷め、かぶれの原因になります。自己処理にはこうしたデメリットがあります。

ワセリンでダメージの少ないムダ毛処理

ダメージの少ないムダ毛処理をするためには、ワセリンを使います。ワセリンを塗ってから剃ると、ボディソープよりも圧倒的にお肌のダメージが少なくてすみます。バスルームで剃ると湿気でお肌がふやけ傷みやすくなるので、お部屋の中で剃るのがベストです。また、ワセリンにはお肌を保護する成分があるため、ムダ毛処理後のアフターケアとして塗るのもおすすめ。ドラッグストアで手軽に購入できます。値段も500円前後と安価です。

大阪の脱毛のできる店舗においては、若年層の女性を対象とした魅力的な施術が続々と取り入れられることがあります。